FXマイルール

先日のブログで予告したFX取引のマイルールを以下に思いつくまままとめます。

1.FXで利益を出そうと思うのであれば、預託保証金はできるだけ多くすること。しかし生活費を圧迫するまでにはしないこと。あくまで余裕のある範囲で!

2.通貨ペアは変動のタイプの違うものを二つ組み合わせること。例えば米ドルー円と豪ドルー円など。

3.預託保証金率が400%までは青信号、300%は黄信号、200%は赤信号。一時的に黄信号に入ることは仕方ないが、赤信号になったら即損切りをして青信号、最低でも黄信号までに戻すこと。

4.青信号でも月に一回は(月頭がいい)その段階で一番損失の多い建玉を損きりすること。

5.新規買、新規売共に、同金額では数量1で購入/売却すること=数量2以上での購入/売却はしないこと。

6.新規買→決算売の場合、評価損益(スワップを除いた利益)で5000円の利益が出る時点で決算売をすること=購入時に指値で売りを予約しておくこと。

7.決算売が出たらすぐにその売りが出た際の買いの金額で予約(指値での買いの予約)をしておくこと。

8.新規売→決算買の場合、評価損益(スワップを除いた利益)で6000円の利益が出る時点で決算売をすること=購入時に指値で買いを予約しておくこと。5000円ではなく6000円にするのは新規売→決算買の場合スワップは常にマイナスになるし、また売り建がたまるとそれだけスワップでの損失も累積されるので。

9.決算買が出たらすぐにその売りが出た際の売りの金額で予約(指値での売りの予約)をしておくこと。

と分かりにくいので図で説明すると、このようになります。