長崎散歩(ドライブ編)

今回は世界遺産にも登録されている外海(そとめ)地区まで足を延ばしてみました。

長崎市内から3‐40分程度で行けます。海の見える道を行きながらまずは道の駅外海、(愛称、夕陽ヶ丘そとめ)で一休み。

ここは遠藤周作記念館に併設しています。映画にもなった「沈黙」の舞台がこのエリアだからです。

そこからちょっと行くと石積集落で知られている出津地区に着きます。

こんな感じで薄く割った石が石垣として積まれています。

そしてここ出津は貧民救済に尽力したド・ロ神父が境界を構えた地です。

協会はもちろん救助院などが残されています。

協会から救護院までの道は「歴史の道」として整備されています。