Comp & Glue Comp

Ableton live での伴奏にリード楽器であるYamaha EZ-TPでの演奏を乗せる、というのが私の基本スタイルなのですが、リード部分が伴奏とうまく溶け合わないというか何となく音が浮いてしまう、という問題がありました。

そこで「接着剤」としてGlue Compをマスター部分に差し込んでみたのですが、これを使うと今度は全体的に音がこもってしまいます。

いろいろ試行錯誤してみた結果、リード楽器を通しているアンプにコンプレッサーをかけるというのがいいようです。

こちらの演奏の最初と最後の部分がGlue Compがかかっている状態、途中のリード演奏の部分がアンプにコンプをかけた状態です。

http://soundcloud.com/plugmatic/20161023-1