畑作り(2)

畑作りの続きですが、牛肥を撒いた畑をならし、ビニールマルチを止めていたピンを拾って行きます。

 

そして後は電動カルチベーターで耕していきます。

コツは一回で全てやろうと思わず何度か繰り返すこと、また外側から内側へとカルチベーターをかけていくとコードがこんがらがらないということでしょうか。

 

これでだいぶふかふかの土になります。

後は仕上げにと言っては何ですが、有機肥料としてEMで処理した生ゴミを埋めておきます。

とりあえず2週間ほどはそのまま土の中に埋めておいて、そのあとでまた改めてカルチベーターで耕します。