葉挿し

葉挿しにして芽と根が出ていたものを小さいポットに入れていたのですが、その後ほとんどが死んでしまいました。

暑さのせいでしょうか。

 

ということでポットの土を戻し、その土を入れた発泡スチロールの箱をひとつ作りました。

そしてそこに葉挿しと小さい茎挿を置いていきました。

こんな感じです。

今後はこれを屋根のある半日向のところに起き、時々水をかけながら育てていくことにします。

そして大きくなったものがあればそれをポットに移植していくことにします。